TOP > イベント情報

第104回 THE FUJIYA GOHONJIN ワイン会クラシコ(3/8開催)

第104回 THE FUJIYA GOHONJIN ワイン会クラシコ(3/8開催)

いつも、THE FUJIYA GOHONJINをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2月は、冬の食材をテーマにワインとのマリアージュをコース形式でお楽しみいただきました。

次回3月の会は、ひと足早く春の食材をベースにしたお料理とワインを予定しております。
年度末でお忙しくなる前のワイン会としてご検討いただけますよう、
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。
 


<第10回 THE FUJIYA GOHONJIN ワイン会 クラシコ >

●日時 2017年3月8日(水)
 開場・受付 18:30 / 食事 19:00~21:15

●場所 THE FUJIYA GOHONJIN / 2階「THE SANDOH」
 ...場合により会場の変更の可能性がございます。

●会費 7,000円(消費税税・サービス料込) ※会費は毎回異なりますのでご注意くださいませ。

●定員 40名

●予約/問合せ 026-232-1261 (10:00~19:00)

※完全予約制です。1週間前より最終確認のご連絡をさしあげます。
 また、キャンセル・人数変更は、2日前までにご連絡ください。
※前日・当日のキャンセルは全額ご請求となります。
ご理解のほど宜しくお願い致します。

ソムリエ一同
  


*********** 

<前回の2017年2月22日開催 第103回 ワイン会クラシコのテーマは、
 「晩冬」として、最後の冬の食材と合わせたコースとのマリアージュをご用意しました。\7000>


◆Starter・・・オニオンスープとパルミジャーノのブルスケッタ
        
  ◎フィリップ  ミシェル : クレマン ド ジュラ シャルドネ 2013 ( フランス : ジュラ地方 )
   ・・・ほとんどがフランス国内の流通で使われているため日本では入手するのが珍しい産地です。
       手摘みで収穫されたシャルドネ種100%で造られたこのワインは、輝きのある黄緑色、細かい泡、そしてカリンやアプリコットのような柔らかな果実やブリオッシュの香りが口いっぱいに広がります
      

◆Appetizer・・・藁の香りを纏ったマカジキとコラトゥーラのサルサ 熟成バルサミコのアクセント
               
 ◎ニーポート : エト・カルタ ブランコ 2015 ( ポルトガル : ドゥロ地方 )
   ・・・日本限定でリリースされているこのキュートなラベルは、ベルリン在住のドローイング作家、清水麻紀さんによるものです。
       ポルトガルの土着品種、コデガ種、ラビガト種、ゴウヴェイオ種など多品種の混醸でフレンチオーク25%とステンレスタンク75%で7ヶ月間熟成させて造られています。
その結果、レモン、桃、白い花のような爽やかな香りとともに、ミネラル感と心地よい酸味がうまくマッチしたワインとなっています。


◆Hot Appetizer ・・・北海道産帆立貝とイベリコ豚のコンフィ カリフラワーのピュレ


◎ドメーヌ タリケ : シュナン シャルドネ 2015 ( フランス : 南西部 )
  ・・・南西地方で「白ワインの魔術師」と言われ,不倶戴天の敵同士とされていた品種同士のマリアージュを成功させた 、イヴ グラッサ氏によって造られたワイン。
       今回のワインは、75%のシュナン・ブラン種のミネラルの風味と25%のシャルドネの芳醇さを兼ね備えたものです。
魅惑的なバニラの香りを帯びたエキゾチックで爽やかなアロマに溢れ、フレッシュで滑らかな味わいに満ちた美味しさとなっています。


◆Pasta・・・アニョロッティ ポルチーニのクレマ

  ◎ダリオ プリンチッチ : ヴィーノ ビアンコ NV ( イタリア : フリウリ ヴェネチア ジューリア州 ) 
  ・・・ダリオ氏は、畑では最大限に自然に敬意を払い、一切の化学薬品を使わずに栽培をしています。
そして、有機の堆肥も3年に一度使用するのみ。醸造面でも、温度管理をせず、天然酵母のみで発酵させています。
そのうえ、フィルタリング、ろ過も行わず、二酸化硫黄も瓶詰め時にごく少量を添加するといったこだわりの製法で造られています。
       今月の白ワインは、ブレンドの妙を味わえる回として、こちらもシャルドネ種45%、ソーヴィニョン ブラン35%とピノ グリージョ20%から造られているものを用意しました。
その特徴としては、少しオレンジがかった色合いと、若くて硬い桃、林檎やキンカンなどの多面性をもった魅惑的な果実香とハーブのニュアンスが複雑に絡み合っています。


◆Meat・・・長野県産米豚のローストとサルシッチャ 焼き林檎のピュレと胡椒のソース
 
  ◎ル オー メドック ド ペデスクロー 2008 ( フランス :ボルドー地方 )
  ・・・ポイヤック村にあるメドック格付け第5級を持つ「シャトー・ペデスクロー」が、オー メドックで造っているサードワインです。
       カベルネ ソーヴィニヨン種60%とメルロー種40%から造られています。
その特徴は、ラズベリー、カシスやブラックベリーを想わせる果実味と、インクや胡椒のニュアンスも持ち合わせています。
その後、徐々に開いていく甘味とほどよい樽香が感じられ、ボリューム感がある中にもシルキーなタンニンが心地良く、今飲み頃を迎える1本と言えるでしょう。


◆Dessert・・・ジャスミン茶のパンナコッタ 温州みかんのスープ

  ◎ドメーヌ ディズノク : トカイ フルミント レイト ハーヴェスト 2013 ( ハンガリー : トカイワイン地区 )
    ・・・世界三大貴腐ワインの一つで、最も長い歴史を持つのがこのトカイ ワインです。
その中で、このディズノク社は1743年にハンガリー王室から「特級ぶどう畑」に指定された、東欧で最も輝かしい歴史を持つ畑として知られています。
1992年にフランスの大手保険会社の所有となり、最新の醸造設備を整えましたことで、フルミント種の遅摘みから造られたこのワインは、蜂蜜や白い花のアロマ、甘さと 程よい酸味も効いている上品な逸品に飛躍いたしました。


************

ふぢやの日 開催のご案内(チケット完売いたしました)

下記のイベントは大変ご好評いただき、全てのチケットが完売となりました。

毎年沢山のお問い合わせいただき、ありがとうございます。

スタッフ一同心より皆様のご来館をお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもTHE FUJIYA GOHONJINをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2017年2月28日、語呂を合わせて『ふぢやの日』と題したパーティーを開催させていただきます。

 

継承されてきた伝統に、新たな感性を

紡いできた、かけがえのない歴史を未来へ

あなたの2月28日をWonderfulな夜に

新たな藤屋御本陳をお魅せします

※ 追加の詳細は、随時ウェブサイトにて発表して参ります。

2017-228.jpg

■ 日時
 2017年2月28日(火)
 Open 17:30~
 Close 21:00

■ 場所
 THE FUJIYA GOHONJIN ザ・フジヤゴホンジン

■ チケット
 ¥5,000(税込) / 1名様
 ※ 小学生未満のお子様無料
 ※ ブッフェスタイルのお食事とお飲み物を含む立食パーティー形式です。
 ※ プレミアムカード、食事券、各種特典などの適用不可

■ 予約受付
 2017年1月28日(土) 10:00 am ~  ※電話のみの予約受付となります。
 ※ チケットは一口6枚までのご予約とさせていただきます
 ※ チケット引渡し: 2月1日(水)~2/24(金) 
 ※ 引渡し場所: THE FUJIYA GOHONJIN (10:00~19:00) 、
          または、パティスリーHEIGORO (10:00~18:00)
  ※ お支払い: 現金のみ

■ 予約・問合せ先
 TEL: 026-232-1241

 ※ 当日は多くの方にお越しいただくため、駐車場のご用意はございません。 恐れ入りますが、公共の交通機関をご利用くださいませ。

■ ドレスコード
 「好きな色」を身に付けお越し下さい。

皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げます。

THE FUJIYA GOHONJIN
藤屋御本陳(ザ・フジヤゴホンジン)
026-232-1241

各種ご宴席プランのご案内(季節限定)

各種ご宴席プランのご案内(季節限定)

大切なお仲間とのお集まりなどにおすすめの宴会プランのご案内です。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

●ご予約・お問い合わせ
THE FUJIYA GOHONJIN
ゲストリレーションズ
026-232-1261 (受付時間 10:00~19:00)